大晦日前のリフレッシュ!

2日間、予定が空いていたので近場の明神館でリフレッシュです。
前回はお正月明けにだったので、同じ冬景色。

321号室の「二人静」と言うお部屋をチョイスしました。
d0133485_1324926.jpg


今回、一番良かったのは「雪月花」と言うラウンジが使えたこと。
リピーターとお部屋の種類や予約の仕方によって秘密のキーが渡さて、そのキーを翳すと自動で扉が開き…、間接照明で照らされた通路の先にもドアが。
この暗めで狭い通路と間接照明で、ワクワク、ドキドキッ!
なんともセクスィ~! 期待感高まりまりました。(^^ゞ
d0133485_1325611.jpg

中はこんな素敵な空間になっていて、生ビール、シャンパン、ワインが飲め、チーズや生ハムなどのおつまみも用意されています。
スタッフさんが、グラスが空くとすぐに次の希望を聞いてくれ、さすが明神館、気配りが行きと届いています。
チェックインの後、しばらく飲みながら本を読んだりして寛ぎ、お風呂に入ったあとにまた生ビールでリラックス。
d0133485_1324421.jpg


夕食は、フレンチ、懐石、和食モダンの中から和食モダンを。
前回は、とっても美味しい感動があったんだけど…。
夫も私も今回は普通に美味しかった程度で感動無し。私達が変わったのだろうか?
次回はフレンチにしようと決めた。
d0133485_13252451.jpg


景色を眺めながらの「立ち湯」もいいし、「寝湯」も好き。
この夜は星空がとっても綺麗で、お風呂に入りながらずーっと眺めてました。
次回の「ふたご座流星群」の時に予約を入れてお風呂に入りながら、流れ星に願い事をする。なんて素敵じゃないですか?
旦那はん、宜しくお願いします。<(_ _*)>

朝食を松本市内の「ヒカリヤ」のブランチに変更できるとの事なので、そちらで頂き帰路につきました。
d0133485_13284817.jpg

「ヒカリヤ」、やはりココはいいです。

明神館、私の場合、家から近いしスタッフのサービスがとっても心地よい旅館です。
2月、3月は料金が少し安くなりますよ。

こうやってアップしている間に、「金柑の甘露煮」完成しましたぁ。
[PR]
by tomoekara | 2010-12-29 13:56