スチームモップ

d0133485_13232091.jpg

H2O、シャーク、ケルヒャー、どれにしようかかなり迷ったあげく、ケルヒャーにしました。
もうザックのおしっこ事件で焦って購入。
初めはH2Oとシャークで悩んでいたのに、なんでケルヒャーにしたかと言うと…。
スチームの作り方の違い。
ケルヒャーは圧力釜のような感じでスチームが作られるのに対し、モップ型はスチームアイロンのような方式だそう。
これだけで、スチームの熱さや強さが違うとイメージできる。
シャークは軽いらしいけどH2Oは重いと言うコメントが多かった。
モップ型はモップにしか使えないけど、ケルヒャーのはアタッチメントを変えればお風呂場やキッチンの水垢取りにも使えたり、油汚れ落しにも使える。
だだケルヒャーのは圧力釜みたいなものだからお水の補充にタンクが冷めてからでないとできないと言うマイナスポイントあり。
…で、考えたあげく我が家の用途からするとモップ型ではスチームに物足りなさを感じるのではないかと思いケルヒャーにしました。
使った感想。
気持ちよくって最高です。
スチームはとっても強く出てきます。
モップ型のCMではモップをかけたあとにティッシュを置いて、「ぜんぜん濡れてないわぁ。」なんて言ってますが、かなり濡れます。
コメントにも「その後に乾いた雑巾で2度拭きしないとならないくらい濡れる」と結構書いてありました。
その通り!
だってね、被せるタオルがスチームでだんだんベチョベチョになってくるんだから床が濡れない訳がないです。
でもわりとすぐに乾きました。
あとコメントにウッドフロアーはスチームで木が反ったりする心配や反ったと言うのもありましたが、我が家の2階のウッドフロアーはぜんぜん大丈夫でした。
無垢でないから?
ワックスが取れるともありましたが、タイルフローアーに業者でかけてもらったワックスは取れる事もなく大丈夫、でも家庭用のワックスは取れるかなぁ。
3回お水を補充しましたが、その度にタンクが冷めるのを待たなくてはならなかったけど、その間はランチしたり他の部分の掃除をしたりしていたので全然気にならなかったです。
その他にはお風呂場の蛇口やシャワーの水垢にもチャレンジ。
お掃除してても水垢が残っていて…、東京ではこんなに水垢って付かなかったのに、軽井沢のお水って水垢になりやすくないですか?
けっこう頑固に付いちゃいました。
コレにスチームを当てて…。CMのように簡単には取れませんでしたよ。
水垢は薬品使った方が簡単に綺麗に取れると思う。
ある程度は取れましたけどね。
ただ、海外製品なのでちょっとねぇ…。
フロアーにあたる部分が掃除機のヘッドと同じようなデザインなんだけど、これがちょっとイマイチ…。
付属のカバーもイマイチ…。
これはタオルでもっといいものを自分で作るしかないって感じです。
総合的には、床にポタポタとついたザックのヨダレが簡単に落ちたし、何よりも「綺麗さっぱり!」したって言うのが使用後の感想。
毎日使いたいくらいです。
[PR]
by Tomoekara | 2009-10-12 13:54 | お買い物