<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雪景色

先週の木曜日に雨が降って、屋根の雪がやーっと全部溶けたし、道路の雪も溶けて喜んでいたばかりだったのに…。

雪を求めて裏磐梯まで行っている間に、軽井沢でも雪が降ったようです。

自分が軽井沢に居ない時に雪が降ると、とーーーーーっても損した気分。

湿った雪は重たくて雪かきには辛いけど…。
枝にくっ付いた雪が、コットンのお花を咲かせているようで、とっても綺麗なんです。

それに今朝は晴天に恵まれて、素敵な景色になりました。
d0133485_11564063.jpg

陽射しか雪に反射して眩しいくらい。

澄んだ青空、白い雪…。
冬は今日のような日が大好き。

春までにあと何日こう言う景色が見られるのかな。
[PR]
by Tomoekara | 2012-02-27 12:01

霧に包まれた銀世界

昨日はお昼過ぎから雪になって、あっと言う間に5cmほど積もりましたが…
d0133485_13595331.jpg


今朝は霧が出てました。
d0133485_1414023.jpg

お昼前まではこの状態だったのに、
2時間ほどして佐久から帰ってきたら、道路と橋はビチャビチャになってました。

こうなったらやるしかないね、雪かき!
[PR]
by Tomoekara | 2012-02-15 14:05

ソウル旅行5

お夕食の後、なっちゃんのご主人もロングのダウンコートが欲しいって言うので、タクシーで南大門へ戻りました。
もう渋滞はなくスイスイ…、30分ほどで南大門に付きましたが、夕方の雰囲気とはうって変わって静かで、ほぼ全てのお店は閉まっていました。
たしか23時前後…。
お店が閉まっていると、目印も分からなくてどこにお店があったか、ちょっとウロウロしましたが、位置関係が分かったらすぐにお店を発見。
しかも、ちょうどお店を閉める準備をしていた所で滑り込みセーフ。
私達の事も覚えていて下さって、値切り交渉成功で彼もダウンを買えたし、その後は数軒残って営業していた露天で、夫がまだ食べた事がない韓国ノリ巻き「キムパ」を食べる事に。

どっちのお店にしようか見ていると、日本語が喋れる韓国人男性にすごく強引に私が引っ張られて露店へ…。
マッコリを1本サービスって言うので、「でもキムパだけですよぉ。」
「いいから、いいからぁ。こっち座って。」と言うような流れで…。
私達は焼き肉を食べてお腹が一杯だけど、キムパを1人食べた事のない夫に食べさせてあげたかったのです。
d0133485_1253143.jpg

いらないと言うのに、サービスと言って「おでん」みたいな物が出て来て…。
キムパだけでいいからとオーダーすると、「それじゃダメだ!」「他にももっとオーダーしろ!」って言う男。
結局「じゃぁ、エリンギの炒め物だけ買ってくれ。」って言うので、渋々了解。
キムパとエリンギの炒め物とマッコリで、最後の夜を楽しんでお会計となったら、
ナント、32000ウォン請求されました。
「えー、高いっ!」と言うと、「エリンギは高いんだ!」ですって!
日本円にして2200円ほどだから、ここで喧嘩して身の危険を感じるよりはマシかと払ってきましたが、考えれば考えるほど腹が立ちます。(自分に)
レストランでは、マッコリがだいたい3000ウォン~5000ウォンだったのですよぉ。
しかも焼き肉屋さんで食べた冷麺でさえ7000ウォンだったのですから、ここで32000ウォンはあり得ない金額です。
こう言う露店で食べたのは初めてだったのでシステムが分からないのですが、最初に料理の値段を聞いてから座るべきでした。
この夜までボッタくられる事もなく、騙される事も危険な事もなかったので、ついつい気が緩んでしまったのですね。反省。
その夜は悔しくって眠れなかったワタシ。(>_<)
皆さんも、お気をつけ下さいねー。

次の日は、こんなイヤな事は忘れる事にして、家庭画報の付録に載っていた器のお店に。
d0133485_13132560.jpg

d0133485_13143247.jpg


「LVSクラフト」さんです。
d0133485_1310361.jpg
d0133485_13105378.jpg

透けたグラスに一目ぼれして、日本酒に合う2つのデザインをそれぞれ2つずつ購入。
すでにキレイにラッピングされていたものですから、1つずつ確認しなかったのですよねぇ…。
いつもなら、全部自分の目で確認するはずなのに、急いでいた事もあり「まっ、いいかっ!」と…。
夫には「確認しなくていいのか?」って言われたのに、「大丈夫でしょう。」ってね。
こんな時って、やっぱりあるんだなぁ。

桐箱に詰めてくれて大切に手荷物で持ち帰り、家で包装を開いて光かざして美しい透け感を眺めていたら、発見!
うすーいヒビが入っていたんです。(>_<)
もうホントショックですよぉ~。
もう1つは殆ど透け感がなくて…。
手作りなので1つ1つ違うのは分かるんですけど、透け感が命とも言えるこのグラスに透け感なくてどうなんだ?
すぐにソウルに電話して言ったら、取り変えてくれるそうです。
でも次回行った時に…。

と、ちょっぴり問題ありだった旅ですが、全体的に大満足。
韓国はちょっと~。ってノル気ではなかった夫も気に入ってくれて、また訪れてもいいと思うほど。

食べたかったのに食べれなかった、韓国の鯛やき。
あと、麻薬キムパ、サムチョプサル、ソルロンタンなどなど…。
次回は絶対に食べたいと思います。
[PR]
by Tomoekara | 2012-02-12 13:34 | 旅行

雨のあとの雪かき

ソウル旅行、あと1回分が残っていますが…

昨日は全国的に気温が上昇して、大雨だった軽井沢。
前日の夜から降りだし午前中まで、土砂降りに近い雨…。
氷点下だったら大雪になっていたんだと思うと、どっちが良かったんだか複雑。

どうせ雨が降るのなら、全部溶かすまで降ってくれればいいんだけど、中途半端な溶け具合なんですよねー。
早朝、夫を送りに国道に出るまでの道では、グチャグチャになった雪にハンドルを何度か取られて怖かった。

これがまた凍るのかと思うと憂鬱だったんだけど、9時頃に音がしたので見てみると除雪車が!
今シーズン初めての除雪車です
数週間前に降った時は来てくれず、今年は除雪車来ないんだなぁ。ってガッカリしてたんです。
我が家の道路は行き止まりなので、カメラを準備して戻ってきた所をパチリっ!
d0133485_13132998.jpg


お昼過ぎに雨があがったので、氷付いていた橋の上と道路を雪かきする事にしました。
こう言う時に限って仕事に出て不在の夫の代わり…。
次の日からまた凍ってしまうと分かっているので、仕方がありません。

ここの部分だけでも除雪しておきたい…
d0133485_13161243.jpg
d0133485_13162426.jpg


地面側は溶けているけど、上はまだ凍ってしまってカチカチなので、スコップで削り取ります。
d0133485_13171643.jpg

削っては雪かき用で押しだして…。
プライベートの橋...、雪かきもメンテも大変だけど、全てはこの眺めや、せせらぎの為。
d0133485_13185938.jpg


d0133485_1454350.jpg

大きな氷が剥がれた時の達成感ったら…。気持ちいぃ~。(^^ゞ
d0133485_146196.jpg


こんなに厚いんですよー。(@@)
d0133485_147438.jpg

 地道にコツコツと…
d0133485_1473936.jpg

「夕焼け小焼け~♪」が聞こえるまで頑張った私。
もう腰は痛いし腕は痛いし…。
急遽1時間早く帰ってくる事になった夫と飲んだ生ビールは最高でしたぁ~♪

でね、作業終了の写真を撮り忘れて今朝撮りました。
d0133485_141532100.jpg
d0133485_14154123.jpg

3時間かけて、これだけですよぉ~。(;・・)ゞ

おばぁちゃんになったら、やる自信はありません。

ちなみにやってない部分は、シャーベット状のままデコボコのガチガチになって、歩きづらいので、少しでもやって良かったわ。
[PR]
by Tomoekara | 2012-02-08 14:20

ソウル旅行4

さて、2日目のお夕食…。
ハイアットからは川を渡った向こう側、それもかなり遠そうなんですが、コンシェルジュで聞いた所、タクシーで約30分、15000ウオン位(1000円ちょい)と言う事でタクシーでGO。

なっちゃん達とは直接レストランに20時に待ち合わせの予定で、早く着いたら現地でブラブラしてみようと7時10分にホテルを出発です。
どこをどう走っているのか分からないのですが、途中からまーったく動きません。
ソウルって渋滞するとホント動かないんですねー。(>_<)
待ち合わせに間に合うのかハラハラしながらメーターとも睨めっこ。
それに運転手さん、レストランの場所もイマイチで途中でレストランに電話してくれたりしながら、やっと20時10分に到着。
16000ウオンくらいでした。1時間タクシーに乗っていて1100円ですよ。(@@) やっすい!

なっちゃん達も迷って遅れて到着。
会えて良かったぁ~。

やっと飲める赤ワイン。
d0133485_9293441.jpg
d0133485_929481.jpg

オーストラリア産のシラーズ。
ちょうとオーストラリアから取り寄せようか迷っていたワイン。
まさかソウルで飲めるとは思ってなかったので、ご満悦な夫達。

で、肝心のお料理…

これら無料で出て来ました。キムチやナムルと同じくおかわり自由。
d0133485_9305371.jpg
d0133485_931882.jpg
d0133485_9312463.jpg


日本で気軽に食べれなくなったユッケも食べちゃいましたー。
d0133485_932894.jpg


水キムチが、とっても美味し~い。 こんなに美味しいの初めてぇ~。
d0133485_9324177.jpg
d0133485_9325663.jpg


タン塩
d0133485_9335419.jpg


ダイヤモンドカットって言うの? 
最高級ランクらしいので、お塩で食べるように言われましたぁ。
d0133485_9342087.jpg

d0133485_9351696.jpg


ロース
d0133485_936331.jpg


カルビと、何だったかなぁ?
d0133485_9362513.jpg


冷麺は女性だけでシャア
d0133485_9363967.jpg


お肉も美味しかったけど、キムチが美味しかったぁ~。(そっちなんです。(^^ゞ )
4人で食べてワイン2本空けて…
合計、527,000ウオン 約36,000円
1組 約18,000円でした。
うぅ~ん、微妙です。
韓国に来てまで高級焼き肉…、する必要あるのか?

焼き肉イコール韓国。
焼き肉の事をアメリカでは、コーリアンBBQって言うくらいですからねー。
本場で最高級って言ったら、どんだけ美味しいのか? 
一度食べてみたかったらしい夫。
でも…、高級な焼き肉は日本でも食べれるし…。
って事で、次回から韓国ではB級グルメに徹した方がいいね。と4人意見一致。(よしッ!)
あっ、でもB級でもいいからキレイ(清潔)なお店にしてくれ!って言う人が隣にいました。(^^ゞ

とんねるずの「きたな食堂」でしたっけ?
ああ言うのをまったく理解できない人なんですぅ。

さて、ワインも飲んで楽しくお喋りした後はタクシーに乗り込んで、また南大門を目指しますよぉ。
ここでいい思い出に水を差す事件が起きるんですけどね。

またつづく…

d0133485_1337647.jpg

[PR]
by Tomoekara | 2012-02-05 09:55 | グルメ

ソウル旅行3

さて、2日目仁寺洞でのランチ…。
本当は、ご飯が竹に入ったお料理を出す所に行くはずが、お腹が空いてないので変更に。
ココへは絶対に次回行くのだわ。

でね、家電が見れる新龍山はココ。
d0133485_871839.jpg

冷蔵庫の作りが日本と違って面白いらしいですよぉ。
キムチがたくさん入るようになってたり、キムチ専用の冷蔵庫とか…。
いつか時間に余裕があったら見に行ってみたいなぁ。

仁寺洞…。
お土産屋さんがドーッとあって…。いかにも観光客向けの街って感じでした。
ここには器や布屋さんを目的に行ったんだけど、私的にはピンと来るものに出会えず…。
次回からは寄らなくていいかな。って感じ。

ランチを食べた後、なっちゃん達は仁寺洞の観光。
私達は、また三清洞の1軒のブティックを目掛けて戻り、そこからタクシーで南大門へ。
15時過ぎなんだけど渋滞にハマってぜんぜん動かず、下りて地下鉄に乗り換える事に。
地下鉄だと早いんですよぉ。東京みたい。

南大門は私も初めて。
目的は、夫のメガネ、唐辛子などの香辛料や食器、布やアクセサリーパーツなどいろいろ見たい所が満載。
まずメガネ屋。近視用は作るのに時間がかかって後から日本に送ってくれるってシステムなので却下。
老眼鏡を2つ作った。値段もピン切りだから何とも言えないけど、まぁ安いんだろうなぁ。
ここに1時間以上かけちゃったんで、いろいろ見る時間がなくなりメガネを作っている1時間だけ。
唐辛子や食器も諦め、もう1つの目的を探す。
夫にロングのタウンコートを見つけたい。
私は極寒用LLbeanのロングコートを買ったけど、どうして男の人用ってロングがないんでしょ?
あっても「ベンチコート」ってヤツ。
スポーツする訳でも観戦しに行く事もない夫。しかも似合いそうにもないし絶対に着ないだろうなぁ。
でも1枚膝まで丈があるコートが欲しい(勝手に私が)イヌのお散歩にも暖かいし。と探しました。

でね、あったんですよー。ココに!
d0133485_911919.jpg

黒、シンプルなダウンジャケットをそのまま膝丈にした感じで、リーズナブル~。
しいて言えば、中のタグがラルフローレンを真似た名前って言うのが余計なんだけど…。
取っちゃいましょ!

真ん中のアジュンマはお店の方。笑顔で人の良さが分かりますよねー。
ここでウオンの現金を使ってしまったので、換金の場所を聞いたら電話してくれて「換金アジュンマ」が2,3分で登場!
髪が乱れるほど急いで来てくれました。(笑) 
レートも良くて、とっても良かったです。

ココとメガネ屋さんの人達も良かったけど、南大門では呼び込みが激しくて、ちょっと苦手。
毛皮屋さん関係の前では必ず「お姉さん、80%引きにするよ。」て、必ず声をかけられる。
韓国ノリ屋さんでも、声をかけて来るし…。
東大門エリアでは、こう言った事は無くて平和にお買い物ができたんだけなぁ。ちょっと気を引き締めないとイケない雰囲気。(まぁ、それを忘れて後で事件が起こるのだ)

メガネが出来上がる頃(17時すぎ)、さっきまで道だった所が屋台だらけになってました。
d0133485_8424195.jpg

食べてみたい気持ちを抑えてタクシーでホテルへ戻って着替えて夕食へ。

夕食は、夫の「韓国なんだから、ジャンクでなくて美味しい焼き肉が食べたい。」「キレイなお店がいい。」「マッコリじゃなくてワイン!」と言うワガママを聞き入れ、家庭画報の付録「韓国・ソウル極上の旅」に出ていたレストランをチョイス。
d0133485_848536.jpg


ふぅ~、長くてすみません。
夕食の様子はまた次回。
[PR]
by Tomoekara | 2012-02-04 09:07 | 旅行

ソウル旅行2

2日目…

朝食は美味しいお粥を食べに行きたい所だけど、ブッフェの朝食付きプランだったのでレストランで…
d0133485_150478.jpg

朝日が差し込む中で、とても気持ちがよくソウルにいる事を忘れちゃう感じ。

朝は早起きタイプの我が家なので、待ち合せをしないで気ままに行動。
のーんびりコーヒーを飲みながら主人は新聞を読み、私は2日目の計画のおさらい。
ブッフェって卵料理やパンケーキをオーダーで焼いてくれるけど、だいたい列が出来ていて…。
私も主人も朝からコレに並ぶのがあまり好きではなく、でも列が少し短くなった所で行ったら、責任者らしきスタッフの方は密かにオーダーを聞いてくれて、準備ができたら席まで持って来てくれました。
2日目も席に着いた途端に、「またパンケーキ?or オムレツ?」って聞いてくれて、並ぶ事もなくゆっくり朝食を頂く事ができて、夫も私も大満足。
あらゆるサービスの面では、明洞エリアのリーズナブルなホテルとは大違いなんですよねー。
次回もココに泊るぅー。って言ってる夫です。

席も窓側のコーナーで、静かで落ち着くベストシートを案内してくれて、ホテルやレストランでは結構ラッキーな事が多いんだなぁ。嬉

お友達とは、起きた時間差があるので私達は先に三清洞へ。
私も主人も初めての場所で、ここには「北村韓屋村」と言う由緒正しきお屋敷があり、古い街並みが残っているとガイドブックに。
着いたのは9時過ぎだったので、殆ど誰もいなくて静かに歩けました。^^v
d0133485_15203939.jpg

どこの国に行っても、町全体で古い建物がリペアされながら保存されている場所って、私達好み。
主人も喜んでくれた。(やっぱりな)
ここにあるお家の玄関扉は、我が家のリビングの扉にソックリ~。
勝手に中国だと思ってたけど、韓国だったのかぁ。

そして歩いていると足元にはこんなサインがあるんです。
d0133485_15261839.jpg

このサインの所で写真を撮ると、ちゃんとキレイに街並みの写真が撮れると言う訳。
すごいサービスですよねー。

そして不思議に思った
d0133485_15291587.jpg

なんだと思います?
こちらにも
d0133485_15294327.jpg

で、ピーンと来ました。
d0133485_15311374.jpg

くーっ! 憎いですねー。
醜い代物は隠す。わざわざメーターを隠す為に扉をつけて中に入れちゃう。
こう言う精神大好きです!
せっかく素敵な家を建てても、メーターが家の顔の玄関のすぐ脇だったりしたら…。バランス壊れますよねー。
我が家も、メーター類は茶色指定でわざわざ木で隠したり、灯油タンクにいたっては家の裏側の見えない場所にと、こう言う醜いものは隠す精神なので、まさにツボ!

そしてこう言う主要な街にはインフォメーションセンターがあり、無料で各国語の地図もあります。
でね、驚いたのが
d0133485_1604647.jpg

この赤いコートを着ている人はボランティア。2人1組になって町中を歩いているんです。
私が立ち止まって地図を確認していると、「大丈夫ですかぁ?」って聞いてくれるんです。
彼女(彼)達は、第二ヶ国語を話せるんですけど、違う国の言葉の2人がペアになって回っているんですって。私の時は英語の人と日本語の人のペアでした。
写真では見えないけど、「名前と、〇〇語が話せます。」って書いたカードを首からぶら下げているのです。

一般的にはインフォメーションセンターに行けばスタッフが教えてくれるけど、迷った時や分からない時って、またインフォメーションセンターに戻るのは億劫ですよね。
こうやって、ボランティアスタッフが町中を歩いていてくれるお陰で、すぐに助けてもらえて、とっても観光客に優しい街なんです。

日本も世界から観光客を呼びたいならば、なんでこう言う事ができなんだろう?
主人の昔の韓国のイメージを変えさせた事の1つ、かなり韓国を好きになった私達。(^^ゞ

なっちゃん達は韓国家電を見に朝食の後「新流山」エリアに。ここに家電が集まっているビルがあるんだそうです。
キムチ用の冷蔵庫とか日本とは違うデザインらしいんですよねー。
私達も見たい気持ちはあったのですが、10時オープン。
早起きの私達は10時オープンまで時間を潰すのが勿体ないし、だからと言ってどこからも場所が外れているので、他を見てからと言う訳にも行かないし…。
韓屋街を誰も来ていない時間帯にゆっくり歩きたかったので、私達は家電を見るのはパスしたのでした。

私達は徒歩で仁寺洞へ移動して先にブラブラ観光。
家電を見終わったなっちゃんご夫婦が合流してランチをしました。
適当に決めたのはココ。
d0133485_154641.jpg

d0133485_1548523.jpg

もちろんマッコリ&チヂミと…なんだっけ。^^;
覚えているのは美味しかったって事と、やはり安かったって事。

ここで食事を済ませた後、なっちゃん達は仁寺洞の観光。

つづく…
[PR]
by Tomoekara | 2012-02-02 15:56 | グルメ