今まで作った物の中で、いっちばんマズイ物。
ありえない、最悪なものを作ってしまった。

ジャーン、「桃のスープ」
d0133485_8483989.jpg


タムラの桃のスープは有名だけど、今は桃のスープがメニューにある所も多いし、「桃のスープ」で検索するとレシピもたくさん出てくる。

去年食べた時の味の感覚と、ザッとレシピを見た感じで、材料は
桃、コンソメスープ、牛乳、生クリーム、ヨーグルト、レモン汁、塩コショウ

「簡単じゃーん。」なんて、これらを適当にブレンダーで、「ガーッ!」って混ぜて…。

出来上がった物は、桃の甘みが強くて、ヨーグルトの酸味もあって、生クリームの脂肪分が気持ち悪くって…。
スープにもデザートにもなりえない、気持ちの悪い味のスープが出来上がってしまった。

シンプルなだけに、配分をちゃんとしないと美味しくできないのだろうなぁ…。(T_T)
味見をしながら、ちょっとずつヨーグルトを加えれば良かった。

先日、町内の某レストランでも、その日のコースは「きゅうりの冷静スープ」だったのに、シェフが来て、「申し訳ございませんが、本日は桃のスープに変更させて頂こうと思うのですが、宜しいですか?」っておっしゃるので、みんなで「桃のスープ大好きぃ~。」なんて変更を大歓迎したのに…。
d0133485_859849.jpg

ひと口食べて、みんな「?」って顔した。
私の不作スープとまではいかないけど、やっぱり桃の甘みが強い+ヨーグルト味も出しゃばっていて…。美味しくなかったのです。
申し訳ないけど、全員が残してしまった。(>_<)

桃のスープ、シェフでもこうなんだから…、簡単そうで簡単でないのねぇ。

で、このマズイ私の桃のスープ。
1週間以上前に作ったのですが…。
まだこうして冷蔵庫の奥にあります。
これ、キッチンの排水溝にそのまま流す → 浄化槽に行く…。
浄化槽が汚れるぅ。って思うと、なかなか捨てられません。と言っても、胃袋に流す訳にもいかないし(もう腐ってるしね)…。
昨夜、写真を撮って「うぅ~ん」って見つめた後、また冷蔵庫に戻しちゃいました。(>_<)
でも、他に捨てる所はないので、そろそろ捨てます。(;_:)
[PR]
by tomoekara | 2011-07-31 09:14 | グルメ | Comments(6)

朝も夜もハルニレテラス

朝、ハルニレテラス周辺をお散歩。
d0133485_11174032.jpg

そして、7時半にsawamuraがオープンするので、コーヒーとペイストリーで軽い朝食を取りながら休憩。
d0133485_1121492.jpg

7時半だと、ほんと誰もいなくて静かで…、いい時間を過ごせる。
8時近くになるとチラホラお客さん達がやって来て、8時過ぎると数テーブルが埋まった。
平日なのにお客さん多いかも。いい事だわぁ。^^

で、また夜、軽く食事を取りたかったんでsawamuraへ。
夕立ちが来るかと思ったら、カラ振りでラッキー。
ほどよく涼しい風か流れて、テラスが気持ちがいい。

この日の夜はまるでハワイにいるかのような温度と、マウイあたりに居るような、のーんびりしたリゾート感が漂ってました。
とくにキャンドルの灯りが効果を発揮する、夕暮れ時がとっても好きです。
d0133485_11235695.jpg

驚いた事に平日の夜もけっこうお客さんがいて、いつもと違う感じ。
今年の夏、やっぱり軽井沢人口は多いかも。
夜も賑わっているのを見ると、なんだかホッとするぅ。
[PR]
by tomoekara | 2011-07-14 11:30 | Comments(2)

渋谷 「食幹」

東京滞在の二泊目のディナーは渋谷の食幹へ久しぶりに行きました。
d0133485_16392781.jpg


渋谷ってハンズや西武に行く事はあっても、夜はなかなか…。
いつも赤坂か銀座あたりのホテルに泊まるので、ちょっと行動範囲から外れて…、だいぶご無沙汰になってしまった。
今回は赤坂のインターコンチからタクシーで1700円。そんなに遠くなかった。
d0133485_1642217.jpg


この日はシャルドネと一緒にいろいろ食べたんだけど、写真写りがイマイチだった。^^;
頼んだ全てが好みで美味しくって、最後に絶対にオーダーしたいのがパエリア。
土鍋で炊いた和風なパエリアって感じで、アサリ、ムール貝、鮭、などが入っていて、最後にいくらを乗せて見せてくれてから、お店の方が貝から身を取り出して混ぜ混ぜして、器に盛ってくれます。
食べきれなければ御結びにして、おみやにもしてくれます。^^
本当にコレが美味しくて、家でもマネして作ってみたんだけど、なんか生臭さが強く出てしまって…。
ぜーんぜん上手に仕上がらなかった。(>_<)

季節が変わるごとに、ココも来たいお店です。
[PR]
by tomoekara | 2011-07-09 16:56 | グルメ | Comments(0)

神楽坂「虎白」

どんどん記憶が薄れていくので、写真だけでもアップしておかねばっ!
って事で、6月末の東京2泊した時の食事。

1泊目の夜は、神楽坂の「虎白」(こはく)に行ってきました。
あの「石かわ」の姉妹店だそうで、期待度マックスでしたぁ。

左側が、和風ガスパッチョとでも言いましょうか…。
トマトの擦り流しにウニと…。あぁ、忘れたぁ。(+o+)
d0133485_14331816.jpg

右側が、アユを生きたまま揚げてあるんですって。
だから、お皿の上でも泳いでいるような格好になるそう。なるほどぉ。

手毬ずしみたいなもの。(小梅が寿司飯に混ざってたわ)
お造りも新鮮で美味しかったんだけど、この器がほしーっ!
d0133485_14364133.jpg


蓮の葉が美しぃ~。青柚子の摩り下ろした香りが初夏を感じさせてくれて、ザ・日本料理! って感じだった。
d0133485_14381472.jpg


〆のご飯と、お吸い物とデザート。
d0133485_14395790.jpg

ご飯には牛肉とコーンが混ざっていて美味しかったし、お吸い物にはミョウガが入っていました。
デザートは、黒蜜の味がして…。
こんなにも忘れてしまうとは…。(>_<)
でも美味しかったんだわぁ~。

洋テイストも少し入った和食ですが、目でも舌でも季節を感じさせてくれる和食って、やっぱりいいですよねー。
私達はカウンターでお食事が出来たので、シェフの小泉さんとお話をしながら完成していくお料理を眺めてと…、とても勉強になりました。(って忘れている事多し。^^;)

神楽坂は素敵な町。
食事の後にブラブラお散歩してBarに寄りたかったけど、夫は次の日も仕事なんでこの日はホテルに戻りました。

サービスも良くて、お店の雰囲気も落ち着くモダンな作りで落ち着きます。
小泉さんのお人柄も良く、是非また伺いたいお店です。
[PR]
by tomoekara | 2011-07-07 14:54 | グルメ | Comments(0)